第二師団長

  • 申し込む
  • これを共有
  • 伝える
  • オススメ

しかし、日中戦争は次々と戦線が拡大し、それゆえ上記の師団増強だけでは足りず、さらなる師団の増設が行われることとなる。日本は泥沼の戦争に足を踏み入れたのである。 以下は、特設師団以外に増設されていった師団である。. 第十二国境守備隊   第二五師団(満州).

東北方面総監部人事部長 陸上幕僚監部開発官付開発調整官 デキジュ 陸上自衛隊研究本部主任開発官 第7高射特科群長 陸上幕僚監部防衛部防衛課防衛調整官 陸上幕僚監部防衛部情報通信・研究課研究班長. だから言ったのに それが第十三師団~第十六師団である。 この師団は当初臨時編成師団として編成されたにも関わらず、日露戦争後も解体はされずに常設師団となる。その上、さらに師団の増設が行われ、第十七師団、第十八師団の2個師団が増設された。 明治43年、さらなる軍備増強が決定する。朝鮮併合である。朝鮮半島への常駐戦力として2個師団の増設が議会に要求された。だが、この要求は財政問題から棚上げされ、最終的に議会が承認し、新設されたのは大正4年になってからのことであった。第十九師団、第二十師団の新設である。(編成完了は大正10年) この結果、陸軍の常設師団は全21個師団となった。.

本土決戦という事態にたちいたらなかった ということは、たんに機甲部隊将兵のことだけではなく、 まことに幸せ なことであった。  昭和二十年八月九日の未明、ソ連軍は突如として満ソ国境をこえて侵入してきた。  このとき関東軍に、往時のおもかげは全くない。  かつては全満国境を確保し、東正面において攻勢をとることを用兵の方針とすることのできた関東軍も、昭和二十年はじめとなっては「侵入してくる敵を阻止妨害しつつ、南満北鮮の山地帯にたてこもる」という方針にかえざるをえない状態であった。  その持久作戦は「国境地帯において地形と陣地施設を利用し、撃破するに努め、その後は満鮮の広さと地形とを利用して、敵を撃破、阻止、妨害する」というのである。  日本陸軍の首脳部はかつて、「戦車は満州では使えない」とみた。  満州の広さを活用すべき機動兵団の建設をおこたり、ノモンハン戦の直後には  「戦車おそるるにたらず。戦車はなくても戦える」といった。  これらにもとづく機械化・裝甲化のおくれの目をさましたのがヒトラーの装甲軍であったが、そのヒトラーの装甲軍を圧殺した 米英軍とソ連軍が、その装甲戦力をもって日本に襲いかかっている のである。  このとき関東軍に機甲部隊は、戦車連隊が四個あるだけであった。.

第一〇六師団(熊本)  (復員・廃止 装備・人員を移管). 戦場での師団不足の為に新設された師団であり、常設師団が4単位編成から3単位編成に改編した際に余剰となった連隊を基幹として編成された師団と、既存の混成旅団や支那駐屯地兵団基幹とした師団である。その為、充分に戦闘経験を有した精鋭師団であると言える。 尚、第二一師団・第二二師団は本土で編成された完全な新設師団であり、第二三師団も一度廃止された連隊を復活させて編成した師団である為、精鋭師団とは扱いが違うといえる。. 本土決戦師団(第一次兵備) 沿岸張付け師団.

本土決戦という事態にたちいたらなかった ということは、たんに機甲部隊将兵のことだけではなく、 まことに幸せ なことであった。  昭和二十年八月九日の未明、ソ連軍は突如として満ソ国境をこえて侵入してきた。  このとき関東軍に、往時のおもかげは全くない。  かつては全満国境を確保し、東正面において攻勢をとることを用兵の方針とすることのできた関東軍も、昭和二十年はじめとなっては「侵入してくる敵を阻止妨害しつつ、南満北鮮の山地帯にたてこもる」という方針にかえざるをえない状態であった。  その持久作戦は「国境地帯において地形と陣地施設を利用し、撃破するに努め、その後は満鮮の広さと地形とを利用して、敵を撃破、阻止、妨害する」というのである。  日本陸軍の首脳部はかつて、「戦車は満州では使えない」とみた。  満州の広さを活用すべき機動兵団の建設をおこたり、ノモンハン戦の直後には  「戦車おそるるにたらず。戦車はなくても戦える」といった。  これらにもとづく機械化・裝甲化のおくれの目をさましたのがヒトラーの装甲軍であったが、そのヒトラーの装甲軍を圧殺した 米英軍とソ連軍が、その装甲戦力をもって日本に襲いかかっている のである。  このとき関東軍に機甲部隊は、戦車連隊が四個あるだけであった。. 第九独立守備隊   第二八師団(満州)残留隊.
  • 昭和17年以降、中国戦線に在った独立混成旅団を改編して編成された治安師団。性格的には三十番台師団と同様であり、歩兵2個旅団編成(但し4個歩兵連隊ではなく、8個独立歩兵大隊で編成)で、砲兵部隊を有しない兵員12,000名程の師団であった。 但し、六十番台師団とはされているが、本土の五十番台師団が第五七師団で止まっている為、後をついで第五八師団以降~第七十師団の師団番号を充てられている。. 昭和20年4月に編成された第二次兵備計画の中核となる本土決戦用機動兵団である。当初は決戦師団と称されたが、後に機動師団と改められた。その為要員は常設師団が編成を担当し、沿岸配備師団に比べても現役の要員が多かった。 歩兵3個連隊に砲兵連隊(野砲もしくは山砲)、迫撃砲連隊、師団速射砲隊、師団機関砲隊で編成され、方面軍直轄部隊として配備された。.
  • 創設時  (終戦時). 留守第二十師団(龍山・朝鮮)   留守第三十師団(平壌).

第二百二十八連隊第二大隊とガスマタ守備隊史(飯塚部隊・平島支隊)

東部方面総監部幕僚副長 統合幕僚監部運用部副部長 第1師団副師団長 陸上幕僚監部人事部募集・援護課長 第21普通科連隊長 陸上幕僚監部運用支援・情報部運用支援課運用支援班長. 第一、二、十一国境守備隊の一部   第一二〇師団(満州)の残留者. 第五二師団(金沢)  陸軍歩兵学校・工兵学校. 留守第十九師団(羅南・朝鮮)   留守第二十師団(龍山・朝鮮)の一部. 第四国境守備隊   第十一師団(善通寺) 残留者.

.

師団長・主要幹部の紹介

第1施設団長 中央即応集団副司令官 陸上幕僚監部運用支援・情報部運用支援課長 第12普通科連隊長 陸上幕僚監部装備部装備計画課後方計画班長 陸上自衛隊富士学校主任教官. 北部方面総監部防衛部長 第2師団司令部幕僚長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官 統合幕僚監部運用部運用第1課運用調整官 統合幕僚監部防衛計画部計画課業務計画班長 第17普通科連隊長.

第五二師団(金沢)  陸軍歩兵学校・工兵学校. マリアナ諸島陥落後の昭和19年7月に編成が下令された師団。当初は砲兵連隊を装備していないが、後に追加された部隊も存在する。 元々満州・華北に配備されていた師団が南方に転出された為、現地守備隊と転出した師団の残留部隊等によって編成された師団である。尚、特設師団として編成された後、常設化された師団に第一一〇番台師団が存在する(第一一〇師団・第一一六師団)が、存在するが、これらの師団は任務・編成上性格が異なる師団である。 第一二〇師団は性格上、第一一〇番台師団に該当する。.

6    13    17      3   3            第二師団長   .

歩兵 第二二六連隊(築城). 自衛隊宮城地方協力本部長 北部方面総監部装備部長 陸上幕僚監部装備部需品課長 刀剣乱舞来派 第2後方支援連隊長 陸上幕僚監部装備部需品課総括班長. 自衛隊札幌病院副院長 陸上自衛隊衛生学校副校長兼企画室長 自衛隊中央病院診療技術部長 陸上幕僚監部衛生部企画室長 中部方面総監部医務官 陸上幕僚監部衛生部医務・保健班長. 本土決戦という事態にたちいたらなかった ということは、たんに機甲部隊将兵のことだけではなく、 まことに幸せ なことであった。  昭和二十年八月九日の未明、ソ連軍は突如として満ソ国境をこえて侵入してきた。  このとき関東軍に、往時のおもかげは全くない。  かつては全満国境を確保し、東正面において攻勢をとることを用兵の方針とすることのできた関東軍も、昭和二十年はじめとなっては「侵入してくる敵を阻止妨害しつつ、南満北鮮の山地帯にたてこもる」という方針にかえざるをえない状態であった。  その持久作戦は「国境地帯において地形と陣地施設を利用し、撃破するに努め、その後は満鮮の広さと地形とを利用して、敵を撃破、阻止、妨害する」というのである。  日本陸軍の首脳部はかつて、「戦車は満州では使えない」とみた。  満州の広さを活用すべき機動兵団の建設をおこたり、ノモンハン戦の直後には  「戦車おそるるにたらず。戦車はなくても戦える」といった。  これらにもとづく機械化・裝甲化のおくれの目をさましたのがヒトラーの装甲軍であったが、そのヒトラーの装甲軍を圧殺した 米英軍とソ連軍が、その装甲戦力をもって日本に襲いかかっている のである。  このとき関東軍に機甲部隊は、戦車連隊が四個あるだけであった。.

第三九師団(広島)の残留者   第六八師団(華中)の残留者. だが、実際にはこの師団数では不足であり、さらに4個師団の新設が行われている。 それが第十三師団~第十六師団である。 この師団は当初臨時編成師団として編成されたにも関わらず、日露戦争後も解体はされずに常設師団となる。その上、さらに師団の増設が行われ、第十七師団、第十八師団の2個師団が増設された。 明治43年、さらなる軍備増強が決定する。朝鮮併合である。朝鮮半島への常駐戦力として2個師団の増設が議会に要求された。だが、この要求は財政問題から棚上げされ、最終的に議会が承認し、新設されたのは大正4年になってからのことであった。第十九師団、第二十師団の新設である。(編成完了は大正10年) この結果、陸軍の常設師団は全21個師団となった。.

歩兵 第二三三連隊(山口).

319420   3 シエルさんインドです   第二師団長                    3        .      .

自衛隊宮城地方協力本部長 北部方面総監部装備部長 陸上幕僚監部装備部需品課長 陸上自衛隊補給統制本部需品部長 第2後方支援連隊長 陸上幕僚監部装備部需品課総括班長. 昭和18年5月に編成が命じられた増設師団の一つだが、実際に編成が完結したのは昭和19年になってからのことであった。これは指揮下に編入される予定だった歩兵第四一連隊が当時 第五師団 ・南海支隊に加わっており、東部ニューギニア戦線でオーエンスタンレー山脈で悪戦苦闘していたからである。 編成完結後の昭和19年4月、フィリピン・ミンダナオ島に派遣が決定する。これは当初派遣が計画されていた 第三二師団 が急遽ニューギニア方面に転用されたためであった。師団は 第三五軍 の指揮下に編入され、ミンダナオ島防衛を担当する。 昭和19年10月、米軍がレイテ島に上陸すると、直ちに兵力を差し向ける。歩兵第四一連隊指揮下の2個大隊である。12月にはさらに2個大隊を増援として送り込むも米軍の前に全滅していった。 師団主力はミンダナオ島に駐留し続け、米軍のミンダナオ島上陸に対応して迎撃戦を展開する。だが次第に防戦一方に追い込まれ、持久戦態勢に移行した後、そのまま終戦を迎えるた。.

昭和20年2月、本土決戦用の第一次兵備計画によって編成された16個師団であり、本土・朝鮮半島沿岸に張付き、敵上陸部隊を拘束することを目的とした師団である。4個歩兵連隊が基本であり、3個連隊が敵上陸部隊を拘束し、1個連隊が機動力を生かして反撃するというのが基本方針である。また沿岸に張付いて配備され、敵上陸部隊の来襲に備える為、師団に捜索部隊は配備されなかった。 また砲兵部隊も野砲部隊・山砲部隊ではなく、速射砲部隊が配備されて編成されたが、後に師団砲兵隊や噴進砲隊が配備された。. 通信団長 第6師団副師団長 東部方面後方支援隊長 中部方面総監部人事部長 陸上自衛隊研究本部主任研究開発官 陸上幕僚監部防衛部情報通信・研究課情報通信室長 陸上幕僚監部防衛部情報通信・研究課情報通信班長 北部方面通信群長.